ラウドトマト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピラツキ兄弟参加CD DVD

ピラツキ兄弟・TREAD など本文はこちら

TREAD
「ライヴ・フロム・マット・モロイズ」 albumCD


QUAGMYRE

「Of Cabbages and Kings」albumCD
http://www.amazon.com/Of-Cabbages-and-Kings/dp/B000QZUICY/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=dmusic&qid=1200332643&sr=8-2

「Mouth Full of Potatoes」エンハンスドcd 
mouth-full-of-potatoes


アイリッシュ・ポップ。
ヴォーカル曲が2曲。お勧めの一枚です!
ビブラードがかった明るい声の主はGの JEF MCLARNON 君・・・?
Vo.のクレジットがないので不明です。

しかしこのプリクラ風CDジャケ。
面白いです。口にアルミテープ貼られて拘禁風のジョンさん、気に入ったのでアップにしてみました。
jon-mouthfull
http://www.tradtunes.com/genre_search.php?genre_id=32&rurl=genre_a2z.php%3Fpage_number%3D1

ザ・チーフタンズ

「Down the Old Plank Road」- the chieftains-DVD
http://www.allcelticmusic.com/music/162f4998-f86f-102a-8020-000f1f67beb1/Down+the+Old+Plank+Road.html
TOPR003


TOPR004



1. オープニング(WITH VARIOUS ARTISTS)
2. メドレー(ザ・チーフタンズ)
3. テネシー・スタッド(WITH ジェフ・ホワイト)
4. カントリー・ブルース(WITH バディ&ジュリー・ミラー)
5. ダウン・ジ・オールド・プランク・ロード(WITH ジョン・ハイアット,ジェフ・ホワイト&ティム・オブライエン)
6. サリー・グッディン(WITH アール・スクラッグス)
7. ラムズ・イン・ザ・グリーンフィールド(WITH エミルー・ハリス)
8. 勝鬨の声(WITH ジェリー・ダグラス)
9. ホール・ヒープ・オブ・リトル・ホーセズ(WITH パティ・グリフィン)
10. シンディー/コットン・アイド・ジョー(WITH リッキー・スキャッグス)
11. シェイディ・グローヴ(WITH ティム・オブライエン)
12. 今夜はとても楽しくて(WITH マルティナ・マクブライド)
13. ジョーダン・イズ・ア・ハード・ロード・トゥ・トラヴェル(WITH ジョン・ハイアット&ティム・オブライエン)
14. モリー・バン(WITH アリソン・クラウス)
15. レイン・アンド・スノー(WITH デル・マッコリー・バンド)
16. ケイティ・ディア(WITH ギリアン・ウェルチ&デイヴ・ローリングス)
17. ギヴ・ザ・フィドラー・ア・ドラム(フィナーレ)(WITH VARIOUS ARTISTS)\〈映像特典〉メイキング~{ダウン・ジ・オールド・プランク・ロード}/プロモーション・ビデオ~{ダウン・ジ・オールド・プランク・ロード・コンサート・イン・ナッシュビル}/40周年記念ディスコグラフィー

2002年のチーフタンズライヴ・ゲスト集。
ジョンはフィドルかダンスで全曲出演。ネイサンは2、10、17。
ミニインタビューあり!(これがカワイーのですよ!!)
シンクロ度の高さが判りやすい一品!

ちょっと昔の兄弟は髪髭今と違ってビミョーに幼い感じ?
というか、何ですかこのふつーの普段着は。(わはは!)2人とも今の伊達男っぷりとはかけ離れてて初々しいじゃないですか!
特にネイサン!惚れ直しました
2000年前後って海外ではダブダブのシャツ+パンツって流行ってたんでしょうか?(他の白人もこのころやってたし)
しかしTOPRでのジョンさんはなんかモゾモゾ動いてて、多動児なのかしらん?っと少々首かしげましたが・・・パンツの裾が破けてる?
(可笑しい!!こんな観賞方法ってひどいと思うけど、あんな見た目完璧な人がああだとかえって可笑しーんですよーー!ひー!カワイイーー






「Live From Dublin」- the chieftains-albumCD

BOWFIRE
アイリッシュ+中華にジャズやタンゴなど交えたエンターテイメント・ショウ。
私の場合、中華風味に一瞬めまいがしそうになるも10分で慣れてけっこう楽しめるようになりました
BOWFIRE
http://psearch.yahoo.co.jp/search?p=bowfire&cspid=&first=1&ei=UTF-8
yahooショッピングでのダウンロード販売
(日本のアマゾンでも取り扱ってますヨ)

BOWFIRE "LIVE IN CONCERT" 2008 CD

BOWFIRE "LIVE IN CONCERT" 2008 DVD
http://www.bowfire.com/shop
bowfire-lic

LICではジョンさんトリでした。(ちょっこっと映っている程度かと思っていたので喜びひとしお!)


その他
「Live at the Celtic Roots Festival - Pt.2」-DVD
http://www.allcelticmusic.com/music/63707a96-f870-102a-8020-000f1f67beb1/Live+at+the+Celtic+Roots+Festival+-+Pt.2.html

カルロス・ヌニェスとのDVDも・・・これ見たい!

スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2008/01/30(水) 23:57:37|
  2. 本、コミック、音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖☆おにいさん1巻発売記念・中村光さんサイン会 | ホーム | ムダに可笑しいNHKイタリア語会話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peanut.blog11.fc2.com/tb.php/122-3cb8acc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キタリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。