ラウドトマト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヴァイオリンが届いたらさ・・・

先週ネットで注文したエレクトリック・ヴァイオリンが届きました~。
myviolin

とりあえず調律して音出してみるかー、と弓を弦に当ててみました。

音、出ないね。

あ、これ電池入れるボックスがあるから電池買わなきゃ・・・とスーパーへ行ってきました。

電池入れて再チャレンジして。やはり音が出ません。
おっかしーなー、としばし格闘して気づきました。

弓に松脂つけてなかったです(^_^;)

私の人生に松脂が登場したのは初めてです。
弓に松脂ぬりながらちょっと高校球児気分?(ぜんぜん違います)

で、音が出て気づきました・・・・・
エレキヴァイオリンってサイレント機能ないのですね。

不覚・・・・・・・・・・・・・電池入れてヘッドホンつけて、本体からバンバン音出てます・・・

ま・・・まあいいや・・・・

ともかくチューニングして見ましょう。

調律用の笛吹きながら糸巻きをまわしてみて・・・うむうむ、合ってきたな・・・と、次の弦を合わせて、元の弦を弾いてみるともう音がずれている。・・・あれ?

これを5回ぐらい繰り返して、糸巻きがゆるいと気づきました。

や・安いヴァイオリンだからってひどいよ・・・

と販売店に電話すると「ヴァイオリンの糸巻きの穴は奥のほうが狭くなっていますから、少し押すようにねじ込んでみてください」とのこと。

そーう? うちのヴァイオリン、そんな風に見えないけど・・・まあ、やってみます。--と電話を切ってやってみましたが、やはりダメで・・・・

もう一回電話しました。

ら、一度目の方と別の店員さんが出てきて

「エレキヴァイオリンは6角レンチ使ってください」

だそうです。

えっ? ヴァイオリンに6角れんち??

「はい、小さいのがセットに入っていますから探してみてください」

わかりました。そーゆうものならそうするしかないですね。

お礼を言って電話を切り、ヴァイオリンセットを探すとほそーいのが入ってました。

私の人生で、ヴァイオリンと6角レンチがつながった瞬間でした。

おそらくこれは・・・・気づく方は少ないのでは・・・・・・・

で、糸巻きで音合わせてすかさず6角レンチで締めなおす。

めんどくさいですね・・・・(悲哀)

でももうこれはこういうものなんだからしょうがないです。

電話する前にもとから張ってあった弦を一本切ってしまって、もう返品できそうにないし・・・

しばらくコヤツで練習するしかないとやってみて、3時間くらいで「きらきら星」。4時間で「アマリリス」。

ヴァイオリンって意外とカンタンじゃーん!

と喜んだのですが、ここからが大変なんですね。

「アマリリス」と「大きな栗の木下で」を何時間弾いても上達しない!

なんで?

と気分転換に好きなアイリッシュ・ポップバンドの曲をやってみたら意外! 「アマリリス」より簡単でした。

やはり好きこそ物の上手なり、ということですね。

明日はサロンの体験入学ですが・・・でも、人前だとすごい緊張するたちなので、きっとぜんぜん弾けないでしょう。

できれば大人初心者グループコースに紛れ込んで、ほかの方に埋没して練習したかった・・・
スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/29(日) 22:44:57|
  2. 日記・雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あった・・・!フィドル教室

都市部ならともかく地方ではないよね~・・・と諦めておりましたが、地元でフィドルの先生が見つかりました!

大手楽器店のサロンのヴァイオリン教師さんがフィドルもやっているそうです~

フィドルをやりたいのにヴァイオリン教室に行くのは、どーも気が進まなかったのよねー。

ヴァイオリンの初心者向けグループコースに入ろうかと思ってましたが、これはタイミングが合わなかったし求めているものが違うので、もー、個人レッスンでいいや。

しかしフィドルの先生は「サロン」しか受け持ってらっさらない!

サ・・・サロンてなにですか?

高いんですか?

電話で問い合わせたら、使いようによっては初心者グループコースよりお得なようす。
(先生の空き時間に押しかけて一回30分みてもらえます。平日デイタイムコースなら月謝12000円で回数制限なし。ちなみに初心者ヴァイオリン教室は10500円で月3.5回なので・・・)

うそ? 安いじゃないですか。じゃ、それにします。

と、パパッと決まってしまいました。

来週の予約取れたので行ってきまーす(^^)

地方のアイリッシュ好きな方! アイリッシュ音楽の教室なんかないよね~。と諦めずに問い合わせてみなっしゃい!

お近くのヴァイオリン教室にフィドルの心得の先生がいらっしゃるかもしれないので、ともかく電話で確かめてみなさることをお勧めいたしますよ!

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/24(火) 21:48:30|
  2. 日記・雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

エレクトリック・ヴァイオリンを注文



ネットで見ててついに購入ボタンをクリックしてしまいました・・・!!
まてーーっ!自分、まだ教室も決めとらんのに!
初心者なのでヤマハか? 島村楽器か? と安価でグループレッスン受けられる場所を模索しておりました。

とりあえず無音で練習できるようにサイレントヴァイオリンを探してたんですが、高いんですね。(10万円くらい。普通のバイオリンはネットだと5000円くらいから)

で、エレキヴァイオリンになってしまいました。

重いのかな・・・18300円だし・・・

「もう、こーゆーのは勢いじゃ!」とテキトーな安いのをクリックし、その10分後、初心者のヴァイオリン購入について調べると、アコースティックやりたい人はアコースティック買ったほうが、としごくまともなアドバイスが・・・

やっぱりな・・・

サイレンスヴァイオリンはだいぶ軽くなってきたそうでも、やはり弦の感度が低そうです。

うんでもね。素人の練習なんて誰にも聞かれたくないんですよ。

教室でよい楽器を有料レンタルしてくれるそうなので、いいヴァイオリンを触らせてもらったら・・・・・・・・・・・・・

欲しくなったらどうしましょう?

むしろそっちのほうが危険です!

ギャーー! 贅沢は敵なのよ!

(ぎりぎり趣味にお金と時間を割けるのは今年だけなんすから・・・(^_^;)

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/24(火) 14:25:05|
  2. 日記・雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

キタリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。