ラウドトマト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画 再会の街で

saikainomatide



2007年アメリカ、 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間 : 124分

監督 : マイク・バインダー
出演 : アダム・サンドラー 、 ドン・チードル 、 ジェイダ・ピンケット=スミス 、 リヴ・タイラー

《ストーリー》
ニューヨークの歯科医アラン(ドン・チードル)は、ある日、大学時代のルームメイト・チャーリー(アダム・サンドラー)と再会する。が、親しかったはずのチャーリーはアランを完全に忘れている。
チャーリーが気がかりなアランはあれやこれや手を焼いて、彼の『忘却』に挑むが・・・
チャーリーは『9.11』で妻子を亡くしたショックを引きずり、ついでに記憶もなくしていたのだ。

《感想》
部分的記憶喪失の男のアダム・サンドラーが好印象。
(アダサン物は当たりはずれが大きいからちょっと心配してたけど必要なかった)
昔のルームメイトが自分を完全に忘れていたらかえって気になってしまう気分も納得。
できれば過去の事件は9.11じゃないほうがもっと素直に見れますが、テロ被害者である要素は控えめにしてくれて良かった。
ちょっこと笑えるほのぼのコメディ。
(チャーリーの役を元気だったころのジム・キャリーがやったらどうだったろうと考えてしまうが、アダム・サンドラーでけっこうイケる!)
「ホテル・ルワンダ」のドン・チードルも良い8->
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/02/16(土) 20:08:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「ロンリーハート」

《ストーリー》
1940年代アメリカ。新聞の恋人募集欄を利用し、未亡人などから財産を巻きあげる詐欺師・レイモンド(ジャレッド・レト)。
カモの一人のはずだった女性・マーサ(サルマ・ハエック)を相棒に加え、兄妹として結婚詐欺を繰り返す。
しかし独占欲の強いマーサは被害者女性を憎みついに殺害に及んでしまう。
実際の連続殺人事件を映画化。




《感想》
興味深い事件を扱ったわりに盛り上がりに欠けているのはなぜなんだろう。
機転が利き美しいマーサがしだいに重荷になっていく。
怖くて強い女を見るのは面白い。
レイモンドは黙ってマーサから逃げてしまえばいいのにそれもしない。
マーサが怖いのに離れられない。
もう嫌なのにマーサの言うことつい聞いちゃう。
弱い男をジャレッド・レトが好演。


監督トッド・ロビンソン
脚本トッド・ロビンソン
出演ジョン・トラボルタ ジェームズ・ガンドルフィーニ ジャレッド・レト サルマ・ハエック


オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/lonelyhearts/index.html

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/02/15(金) 16:39:30|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画 ミスター・ロンリー

《ストーリー》
パリでマイケルのモノマネ芸人をやっているマイケル(ディエゴ・ルナ)は、
営業訪問先の老人ホームでマリリン・モンロー芸人のマリリン(サマンサ・モートン)と出会う。

マリリンに誘われたマイケルがたどり着いたのはモノマネ芸人たちのコミュニティだった。
そこに住む彼らは、営業中のみならず私生活でも有名人なりきり生活を続ける奇妙な人々。

チャーリー・チャップリン、リンカーン大統領、エリザベス女王、ッジェームズ・ディーン、ヨハネ・パウロ、マドンナ、赤頭巾ちゃんなど、時代もファンタジーもごちゃまぜな彼らとマイケル、マリリンは自分たちの劇場を手造り中!



2008年2月2日よりシネマライズほか全国にて順次公開





《感想》
基本設定はすごく面白いのにどんどん暗い気分になる作品。
娯楽作品だと期待して行くとがっかりするので、シリアス作品を見る覚悟で観賞されればそれなりにシミジミできます。

バブルス君凧がキュート!!
マイケルファンじゃなくてもグッズにしてくれたら欲しくなりそうです!


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/02/15(金) 14:25:29|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖☆おにいさん1巻発売記念・中村光さんサイン会

saintoniisann
講談社・モーニンクKC・580円・モーニング・ツーにて連載中!

〈ストーリー〉
何の説明もなく突然イエスとブッダが現代の東京・立川に住んでいる。
どうしてそうなっているのか解らないが2人は古いおんぼろアパートでルーム・シェア生活。
けっこう仲良しな下界暮らしがのんびり楽しいコメディ作品。



2008年2月2日
イエスとブッダが暮らす町。立川、オリオン書房にて、作者・中村光さんのサイン会が行われました。
どんなファン層が集まるのかと内心ヒヤヒヤしながら会場に馳せ参じると、イガーイ!

オタっぽくない雰囲気のマンガ好きそうな方々がのんびり列に並んでらっしゃる。
20歳から50代まで男女同数!

「荒川アンダーザブリッジ」での著者近影がとっても可愛かったので、オタ兄さんばっかり並んでるかと思ってましたよ<私も同類だが(^_^;)

近くで拝見した中村先生も写真どうりのかわいい方でした!

わざわざサインに絵も加えてくださるとのこと。私はブッダかイエスか悩んだあげく、何のひねりもなくイエスをお願いいたしました。
で、並んでて面白かったのが他の方のリクエスト。
「聖☆おにいさん」とは関係ないキャラを希望されたり、
「ブッダの手にした皿の上に身を投げ出した猫(猫のみ)」を所望された方も・・・!
(私は無駄な対抗心燃やして、イエスがパンに変えたノーパソ型弁当箱を!(つまりパン)と言いたくなったのをグッとこらえた。いや・・だっておいしそうだったし・・・)
会場出てから気づきましたが、最近読んだ日本人ユダヤ人説の本について話せたらよかったかな~と。得体が知れなくて面白かったのよ。「竜宮神示」。戦前日本でけっこう流行したらしいですしネタになるかもと(^_^;)

中村先生はファンの方々と一言三言話してくださり、なごやかなサイン会でした。
saint01




さらについでに。せっかく立川に行ったので、サイン会の帰り道、交番によって「この辺に立川湯ってありますか?」とお巡りさんに聞いてみた。
すっごく暇そうだったから一言だけ・・・と思ったんですが、暇だからお巡りさんたちまじめに地図見てさがしてくれたんです。
私、すぐに申し訳なくなり「あ、あの!立川湯って立川が舞台のマンガに出てきた銭湯なんです。実在のものじゃないかもしれないのでっ」と帰ろうとするも、逆効果???
なんかお巡りさんたち、もっと熱心になってくれた雰囲気にウオオ!
結局、立川湯という銭湯はないとのこと。
駅からちょっと離れたところにスーパー銭湯と梅の湯さんがあるそうで、そのスーパー銭湯気になる。
ともあれ、いくら暇そうだったとはいえオタクの愚問に数分間つきあっていただき、ありがたかったです
ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした!

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/02/02(土) 17:10:37|
  2. 本、コミック、音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

キタリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。