ラウドトマト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムダに可笑しいNHKイタリア語会話

itariano1

・・・ム、ムダに面白くありませんか?? 現在放送中の「イタリア語会話」
語学番組のはずなのに「ドラえもん」のようなストーリー。
しかもなぜかそれを演じているのがハンサムイタリア男3人と面白くて美人の東大女性講師という組み合わせ。

●講師 鈴木マリア・アルフォンサ
ローマ出身。ローマ大学文学部ギリシャ文学専攻。現在東京大学、早稲田大学千葉大学でイタリア語の教鞭を取る。
独特の高ピー喋りが可笑しい(^_^;)

●イタリア男その① マッテオ・インゼオ
1976年生 176cm
ローマ大学文学部日本文学専攻。
趣味、映画、バレーボール。
脚がきれいなのが自慢なのかミニスカ姿が多いようです。

●イタリア男その② レオナルド・ベヌッチ
元プロバレー選手。現在イタリア語講師、スポーツエージェント。
1974年4月22日生、A型、200センチ、90キロ。
趣味、フィットネス、漢字の勉強、ピザ・パスタ料理。
魚眼レンズで撮影されていて人間の大きさがめちゃくちゃになっているのかと疑い、私はテレビをじっと見つめました。ジェルンディオの声も。

●イタリア男その③ ルカ・チェッカテッリ
元テニスプロ。現在イタリア語講師、ロックバンドInvagoのヴォーカル、ギター。
趣味 スポーツ、料理、絵画鑑賞
http://www.invago.com
2007年春ごろはキャラがはっきりしていなかったようですが、今はいい味が・・・

番組内文法コーナー「ローマの休日」
●講師 押場靖志
学習院大学、法政大学などのイタリア語講師。
趣味 イタリア映画鑑賞

●出演 土屋アンナ
タレント、歌手。

●出演 ジローラモ・パンツェッタ
同番組OB。
タレント・エッセイスト。

月曜深夜0:00
再放送金曜早朝6:00
公式HP
http://www.nhk.or.jp/gogaku/italian/index.html
(こちらでメンバーの動画が見れます)

この番組のどこが「ドラえもん」なのかと申しますと、その内容。
ルームシェア中のイタリア男性3人が深夜、テレビ通販番組「マリアの通販天国」を見ながらぶつくさ言い続けるのだが、その番組で売られているグッズがかなり怪しい商品。
正直ルーペ、舐めるだけで声が良くなりお世辞もペラペラのど飴、大人の女の香水(ラザニア臭)などなど・・・
その後安易にそれを使った人間はひどい目に遭うというストーリー。

中学校英語の教科書のようにマイクが郵便局を探したりメアリーが「トム・ソーヤの冒険」を読んだりもしない。

はたして視聴者がイタリア語ができるようになったとしても、怪しい通販グッズについてイタリア人と語りあうこともかなりないに等しい。

でもそれでもいい。
面白いから。




10.3.2008

NHK番組公開ライブラリー
http://www.nhk.or.jp/archives/library/

今まで気づかなかったんですが、全国各地のNHK施設で過去の放送を見れるんですね。
ぜんぜん知りませんでしたよぉおお!!

見逃した「イタリア語会話」を見れるかな?? と思ったら、「イタ会」は対象外でした・・・

う、うーん・・・アニメとかは見せてくれるくせに何か視聴可能番組に偏りがあるような・・・
NHKさん、「イタ会」公開してください。見に来る人絶対けっこう多いですから。



03.04.2008

2008年度 出演者

講師:京藤好男(国立音大、慶大、武蔵大講師)

モニカ・ブレッサッリア
ジャコモ・ジェルバズッティ

青山草太
大佐藤崇
ダニエラ・トラモンターノ
マッテオ・インゼオ
ルカ・チェッカテッリ
レオナルド・ベヌッチ



12.02.2008

LatinaOggi新聞2008年1月13日にイタリア語会話のマッテオ、載ったらしいです。

http://www.dagolab.eu/public/LatinaOggi/Archivio/13_01_2008/pag10latina.pdf

latina10


LatinaOggi新聞2008年1月24日
http://www.dagolab.eu/public/LatinaOggi/Archivio/24_01_2008/pag52sport.pdf#search='LatinaOggi%20matteo'
latinaoggi-karate



「エジソンの母」にときどき3人そろって映っているそうですね。「どうしてウチは貧乏?」の回、DVDが出たら見てみます。



02.04.2008
2008年度 NHK語学講座 記者会見 にて。
レオが着てた衣装だから股が伸びてる(笑)(?)
いや、新コスかな?
matteo.jpeg




0.17.2008
ミブットキャンプ動画
http://gogakuru.com/movie/index.php?mpcode=mpmbc



1.16.2008

http://stepup.yahoo.co.jp/school/lesson/school/detail/0000090209/13/G020003/S001234/
「イタリアのバール文化とイタリア語を1dayレッスンで学ぶ! 」

拠点:ベリタリア イタリア語・文化教室
開催日:2008年1/26(土)・2/23(土) 13:00~14:30
回数:1回 費用:5,000円 1回あたりの時間:1時間30分


マッテオが昔勤めていた前橋市役所の「広報まえばし」マッテオ記事
http://www.city.maebashi.gunma.jp/kbn/Files/1/01300019/attach/p09.pdf

12.20.2000

家の近所の本屋でテキスト2008年1月号を購入しようとしたらなぜか売り切れ。
数件探した後大型書店LIBROでやっと見つけましたが、ナルナル。
表紙が男子3人の絵葉書みたいな写真でした(●^o^●)
アハハ、こりゃ普段テキスト買わないファンも買うわ!

2008年12月15日放送予定の「出演者の知られざる過去」ではメンバー4人が子供時代を語るようです!(テキスト挿入の子供時代の写真がカワイー!!)
必見です!!
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2007/12/31(月) 22:59:46|
  2. 日記・雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TREAD・ピラツキ兄弟

《このページは管理人によるピラツキ兄弟周りのメモです。》
《日本人のたわ言お許しください(^_^;) 》

dancing part 1

プロフィールに追加する | もっと見る

●概要

ジョン&ネイサン・ピラツキ兄弟はキャラ・バトラーとともにQUAGMYRE(カグマイア)というダンスバンドチームに所属。
[QUAGMYRE
cast:JON PILATZKE (フィドル、オタワヴァリーステップダンス)、JEF McLAMON (ギター、ベース、いろいろ)、RYAN McLARNON (ベース、ギター)、JON McCANN (ドラム)、CARA BUTLER (アイリッシュステップ)、NATHAN PILATZKE (オタワヴァリーステップダンス)
QUAGMYREホームページttp://quagmyre.ca/
QUAGMYREマイスペttp://www.myspace.com/quagmyretheband
カグマイアではちょっとだけインディアンスパイスが感じられます。(アイヌ風といいますかモンゴル風といいますかビョンビョンって音に北方モンゴロイドを感じます。お二人の出身地カナダオタワの地元の楽器の音かと想像しますがアフリカの楽器音だったりしたら勘違いすみません)
QUAGMYREという言葉の意味は不明。
以前同名のインディアンショップがあったのでインディアンの言葉かもしれません。検索するとアクションゲームのカグマイアという技がヒットします。「重力の」「中心の」という言葉が強調表示されるので重力系の技らしいです。
(個人的にはインディアン風味継続して欲しい!)


また、兄弟はBOWFIRE(バウファイア)でも活躍中。メンバーは中国人・ロシア人と多彩。曲は中華風味のものも多いようです。
ttp://www.bowfire.com/
こちらトップページの動画で45秒目にジョン兄さん出てきます。
bowjon




日本でもなじみのTREADは、2005年、アイルランドのトラディショナル・ミュージック・バンド、チーフタンズとのジョイント・ライヴ中、パディ・モローニの勧めで誕生した。
[TREAD cast:JON PILATZKE (フィドル、オタワヴァリーステップダンス)、JEF McLAMON (ギター)、CARA BUTLER (アイリッシュステップ)、NATHAN PILATZKE (オタワヴァリーステップダンス) ]いつの間にかギターはMARK SULLIVAN にチェンジ]


QUAGMYREとキャストがほぼかぶっているためQUAGMYREは2007年から休眠、活動はTREADに引き継がれたよう。



毎日新聞社 毎日jp 音楽インタビュー 《トレッド カナダからケルト文化を》
http://mainichi.jp/enta/music/interview/news/20071206dde012070008000c.html


毎日jpのインタビュー、今になって気づいて読みましたが、なんかかなり可笑しい内容ですね(^_^;)
ピラツキ・ブラザーズ、子供のときからレッスン受けつづけて、チーフタンズに「それ、ケルト…」って指摘されるまで自分がなに踊ってたのか気づいてなかったなんて!
よほど地元に密着定着してる文化だったんでしょうか!

tread の意味は、「踏む」及び「つがう」だそうです。

アイルランドとカナダの文化を結びたいという意味だそうですが。
なんも知らないでこんなユニット名名乗るなんて、やっぱ天然ってすごいっす。

ち・な・み・にーー!!
管理人は今までずっとジョンが兄だとばかり信じていましたがこの記事によると弟だそうですね!!
ネイサン若っ!!

じゃあ何ですか? 今までジョンがネイサンに「弟なんだからお前踊れ!」って言ってたんだと思ってましたが、逆でネイサンが「兄ちゃん(ネイサン)が舞台の主役なんだから、お前バックで弾いてろ!」ってことだったんですかい?
過去のメモ、ジョンを兄として書いてしまいましたがぼちぼち直していきます。
(確かにライブでもネイサンを兄だって言ってたのにね・・・ジョーダンだと思ってたのよ信じ込んでたのよ!ううう・・・)


                                                     1.19.2008


2008年1月以降
ジョンはBOWFIREでアメリカツアー中!
ttp://www.bowfire.com/bowfire-live
チケット、100ドルだそうです。



BOWFIREではジョンはフラワー帽を被ってるときが多いようでご注意。




QUAGMYRE アメリカアマゾンで販売中CD!
アマゾンだと今はダウンロード販売のみ。アルバム一枚8ドル99セントって安っ!


Of Cabbages and Kings
http://www.amazon.com/Of-Cabbages-and-Kings/dp/B000QZUICY/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=dmusic&qid=1200332643&sr=8-2


Mouth Full of Potatoes EP
http://www.tradtunes.com/genre_search.php?genre_id=32&rurl=genre_a2z.php%3Fpage_number%3D1



TREAD 単独公演         12.18.2007

12月17日。晴れ空は代官山の小さなライヴハウス。(ふだんはレストラン?)
ライヴ終わってからネットして気づきましたが豆を重視するコンセプトって・・・個人的に豆モエな私としては豆料理食べればよかったな。(豆モエってジャンル、あるんだろうか?)

当日券で開演15分前に入場。けっこう当日でも大丈夫なんですね、今なら。数年後はこうはいかないと思いますが・・・
背もたれつきの椅子と丸椅子+お座敷の約100席の小さい会場。
はみっこの席確実だと思っていたら、なぜか4列目の中央あたりがぽつんと開いていた。
とりあえず座ってみたら、開演前に前の席の人が席につくと大柄な方だったのでほぼ何も見えず。でも立ち見も疲れるし、首を左右にねじっての観賞スタート!

15日のすみだでのライヴと演目はだいたい重なっていたようです。
ジョンはパフォーマンス中、「サシミ」とか「ショーチュー」とかちょこちょこ叫んでくれるのでなんか可笑しい。
15日より楽しそうですよ、この人。
ちっちゃい会場好き?

ピラツキ兄弟は先日じっくり見たので、今日は他メンバーをよく見ようと注意して見聞きしてたら、目立つ4人はもちろんうまいんですが、伴奏のマークが凄かったです。
ハープとマークのフィドルでの演奏時、ひ・・・・響きがぜんぜん違う・・・・
ジョンのフィドルはギャギャギャルル!!って感じで濁音が強くて彼のダンススタイルにぴったり。
マークのは音がやわらかくて深みがある。
ギターのときも耳澄ますと音いいんですのよ!
ジョンが彼を紹介したときカナダで3回フィドルチャンピオンになったとか言ってましたけど、控えめなのにすごい方だったのねん。

そうなると前面視界ふさがれてるのに見るのが忙しい。
全員見たいんですもん。
ジョン見てトリーナ見てネイサン、キャラ見てマークもっ!
首のいい運動になりました。

途中、二人目の子供が生まれてまだ男の子か女の子か知らない。とジョンがコメント。
おめでとーございます!!
(英語力極貧の上ちょっとほかのこと考えてて、えっ、誰の話??とびっくりしたけど、IかHEかぐらい主語聞いとこうよ私・・・舞台右側に手を伸ばしてたような気もするから~ネイサンの話だったのか・な?)

演奏、ダンスについては極上なのはすでに他の方のいいレビューがネット上にたくさんあるのでここでは適当で・・・

ネイサンはキャラやジョンと一緒の時より一人のときのほうがオーバーアクションで動きがひょうきんな一瞬も。シンクロナイズドアクションから開放され跳ね回っていた。女の子、年寄り(ごめんなさい!兄さんのことです!)の運動力に合わせてあげてたのねん。
でも兄弟背中向けてても同じ動き、同じ角度なのはやっぱりスゴイです。
もちろんキャラも必要不可欠です!

アンコールでダンサー3人は椅子席の後ろにベニヤ敷いてまたガツガツやってくれました。
後ろの客席大騒ぎです!

で、閉幕後のサイン会。
今回は(うまいのにお客さんの拍手がちょっと足りなかった)マークにあなたのフィドルすごいって伝えたかったのに、簡単な単語が頭からすっとんでた。
わんだふる の一言でいいのに・・・わんだふるなんて日本語みたいなもんですよ、まったく。

その前にトリーナ。
なんか感じのいい人だなあ!ますます好きになりました。
次、ジョン。
ジェスチャーしたらトリーナが、彼女はあなたの靴底見たいのよ、と意訳してくれ、ジョンはパッと笑って快く見せてくれました。
今日は靴と金属製の靴底が完全に一体化したタップ用シューズ。
新しそうなのに硬い金属がちょっとちびてて運動の激しさを物語っていた。
次、マーク。
今日はじめてあなたの演奏がすごいって気づいた、もっと弾いて!
と言いたかったが通じてないね、ありゃ。
簡単な文章なのに外人慣れしてないのでいかんな。
ワンダホーっ!
今、書いときますがすまぬ、マーク。

次、ネイサン。
もー、考えるの無駄だと
アイラブユアダンス!
が一番わかりやすいだろうとそれで済ましたら、え?、て感じで見返すのでアイラブユーと聞こえたのか焦り(いや、そりゃもちろんそうだけど)ユアダンス、ダンスダンスダンス!のことですよ、と言い直すと今度は、踊れ!踊れ踊れ!って命令してる状態に聞こえたかもしれぬ。
ダンサーとしてはダンサー冥利と大きく笑ってくれた。のでこれはこれで嬉しい・・・
最後はキャラ嬢。
今日は白シャツにグレーのネクタイ、パンツでボーイッシュなお姿。
か、かわいいよ、このほうが私好み!!
アイラブユアダンス!
をゆーっくり言ったら、私の恥ずかしい姿を見てたのかニコニコっと笑って「アリガトゴサイマース」と大きく合唱してくれました。
そのときの表情がフンムって感じで演技入ってていいもん見た気分に。
うーむ、より好きになった。
アイルランドの女の子って白人にしては顎が細くて声も可憐だし女子好きの趣味はないもののモエが発生しそうで危険だわ。キャー!

ど素人の駄文、申し訳ありませヌ。




ケルティック・クリスマス200712.17.2007

12月15日、すみだトリフォニーホールにてのケルト風ライヴ!
静謐な男女混声コーラスグループ・アヌーナと音楽+ステッピングダンスのトレッド!

もともとピラツキ兄弟のファンだったので、早め予約が功を奏し、だいたいベスト位置なのかなあ? という一列目での観賞。

オープニングで現れたジョン・ピラツキ兄さんなんだけども、髪切ってて「この人ダアレ?」って3分位本人だと判んなかったにわかファンです。すみません。

ま・・・マンガ髪だよ、ありゃあ。
カール、前髪ハラリ、ぐいっと下に垂れそこからあらぬ方向へピヨコン! ついでにライトで髪がキラキラ。

あ、あれ? ジョン兄さんってこんな人でしたっけ?
ダンサーなんて普通のハンサムくらいがちょうどいいんだよ!って思っていたのに。なんかけっこう美しい人だったのね。知らなかった。
ステージ効果なのかなあ?
いや、ステージで光ってこそタレントってものですよね!

トリーナの美ハープ!!!!
ごめんなさい、ハープにあんまり興味がなかったんですけど、すっごい透明な調べにうっかり鳥肌がたちましたよ!
I LOVE PILATZKE !
だったのが
I LOVE TREAD !
になってきました!
それから2曲くらいジョンはフィドル演奏。
ネイサン弟のパキパキ高い小気味いいステップ音が響いていた。
足元は工事現場によく置いてあるあのでっかいごっついベニヤ板!
へー、タイルとかじゃないのね、カジュアルだなー。
ホールのステージの保護用って感じかな。
そしてついにジョンが立ち上がる!
フンヌフンヌとかかとを打ちつけほんの1,2分で、出たーー!
吹っ飛んできたよ、なんかが・・・?
踵の金属チップみたい。
カラン、シュルシュルと近くの椅子の下へ滑り込んでいった。
私と友達、椅子の下を見るが暗くて何も見えない。
ほかの人の椅子下かまたは一列目つっきって二列目に行っちゃったのか?
気、気になるけどステージも見たい~~!
で、舞台見てたら兄に続いてネイサンの金属チップもぶっ飛ぶではないですか! 馬蹄型のつま先チップが見えた。
きゃーーあ、こっち来る、と思ったらそれはステージ上で失速。
舞台のはしっこにコロリン・・・・
これも気になる・・・・
でもちゃんと曲の終わりにちょいとネイサンが回収していきました。

兄弟で同じ曲の間にアレ吹っ飛ばすなんて、仲がいいなあーシンクロナイズドブラザーズだなー・・・って・・・ (?)

その後何もなかったようにステージは続き、ステップ音の違いは靴底チップのせいなのか、もともと同じ音を出そうとしているのか気にしてないのかジョンのほうが体重軽そうなのに音が男っぽいです。

女子のキャラさんはパタパタって軽い感じ。

音にこだわりだすときりがない。

ジョンは見た目若返ったのがうれしいのか、ネイサンの下のふりをしたりで可笑しかったです。


そして後半のアヌーナ。
声量フェチにはたまらん!!

長く透明でいて華奢そうなのにあのボリューム!!

鳥肌、鳥肌、鳥肌、ずーっと鳥肌しっぱなし。

リーダーさんがかなりゆっくりしゃべってくれるので少しは聞き取れたけど、けっこう茶目っ気のある方なのね、きっと。

神秘的な高音に男性のテノールが融和して、予想以上の美しさ。

言葉で説明不可能ですね。CDもライヴに比べると資料録音に過ぎない気がしてしまいます。


アンコール。
またアンコール。

そして閉幕。

もっと見ていたかった。


(ということで、ライヴに行くと何か飛んでくる可能性があるかもしれないのでご注意よぉ!!なのです。)




ピラツキ兄弟の兄・ジョン。
フィドルの弦が切れても猛烈に弾きまくってます!!
なんてかっこいいんだ・・・・!!
ドラマチックなこの曲、なんてタイトルなんでしょう。
もしご存知の方いらしたら、ぜひ教えてください






ピラツキ兄弟 初見                                 6.10.2007

すみだトリフォニホールへ行ってきました!
グラミー賞6回、アカデミー賞 受賞のベテランバンドだそうで、
(http://www.plankton.co.jp/chieftains/index.html)
私はアイルランド音楽がなんとなく好きだと言うだけで見に行ったシロウトですが、細かいこと知らなくても十分楽しめる豪華なライヴでした。

エンターテイメントってすばらしい!!!!
なのに、音楽も抜群完璧!!

耳福でした!
老齢でベストメンバーがそろわないものの、ほんと今のうちに見といてよかったです。

ダンスとフィドルのピラツキ兄弟(ともかくカッコイイ!)、ハープのトリーナ・マーシャル(イイデスネ、コノヒト、イロイロウラヤマシイデス)、女性バンドのリアダン(キャー!カワイイッ!ていいますかほんとに綺麗な声です)、女性ダンサーのポーラ・ゴールディン(美脚オネイサン)、元ちとせ(チーフタンズが気に入っているらしい)、とやたらトッピングが盛りだくさんで、ともかく楽しいライヴでした!

そしてピラツキ兄弟にほれた・・・

シンクロ度の高さに感動しましたよ!
(実はタップダンス苦手だったはずなのに・・・)
ちょっとポール・ベタニーに似ている愛嬌者。

毎年来日して欲しいです。

関連ライヴ
2007年12月15日、東京、スミダトリフォニホールにて「ケルティック・クリスマス」
出演 アヌーナ、トレッド(トリーナ、ピレツキ兄弟)



テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

  1. 2007/12/17(月) 00:07:39|
  2. 本、コミック、音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気功の力 医療気功と80人の気功師

10月に日本で開催された、世界気功フォーラム2007にちなみ同大会実行部編集の本が出版されました。
「気功の力 医療気功と80人の気功師」平凡社1300円。
kikounotikara

初歩的な気功の解説と気功師さんのカタログです。
内容については目次を紹介させてもらいます。

第一章 今、なぜ気功なのか
・現代人は健康になったのか
・万能ではない西洋医学
・近年、注目を浴びる代替療法とは
・代替療法を取り入れることで医療が変わる
・丸大臣に求められる「気功」という選択肢

第二章 気功とは何か
・「気」とは何か
・「気」はどこからやってくる
・気功の種類 
・気功の基本 3要素
・気功で健康になるためには

第四章
・気功はいつ始まったのか
・気功と中医学
・気功と宗教
・日本の気候が与えた影響

第四章 気功と科学
・気功は科学で証明できるのか
・サーモグラフィで見る「気」
・外静内動と外動内静の証
・呼吸法で血圧を制御
・気功麻酔による抜歯手術
 科学の目で見る気功/気功と科学インタビュー町好雄教授

第五章 医療気功の現状と未来
・遅れている日本の機構医療
・「手かざし」に健康保険適用
・王立ホメオパシー専門病院
・医療気功でがんは治せるのか
・医療気功の問題点と今後への期待

第六章 気功G&A
・信頼のできる気功師の選び方は
・費用はどのくらいかかるの
・気功の副作用は
・西洋医学や他の代替医療は受けないほうがいい?
・気功は一人で出来るの?
・気功と少林寺拳法、合気道はどう違う?
・気功と風水の違いは?
・気功で健康被害を感じたらどうすればいい?

ー巻末
世界気功フォーラム実行委員会が選ぶ80人の気功師



びっくりなのはやはり第五章の「・「手かざし」に健康保険適用」ですよ。
イギリスでは気功師・・・向こうではスピリチュアル・ヒーラーと呼ぶらしい治療者を正規の医者が雇って西洋医学と併用して、なお保険適用されるそうです!
羨ましいですねえ!!!!!
イギリスってこういうの好きだよなあ。王室容認ですもん。
日本も明治天皇まではお抱え気功師使ってたそうなんですけどねえ。
そのままやめないで欲しかったです。
早く日本も気功を保険適用扱いにしてくれるといいのですが。
ぜったいその方が元気な人増えると思います。
不老不死なんか目指してないけど、寿命が尽きるまで元気にポックリ送れる治療が目標って、この本の方じゃないですが仰っていました。
  1. 2007/12/13(木) 23:00:02|
  2. 健康・気功
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

キタリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。