ラウドトマト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画「ダ・ヴィンチ・コード」感想

ポール・ベタニー出演作ということで、前々から気になっていたわりには評判も芳しくなかった作品のため、なんとなく鑑賞を延ばし延ばしにしてしまいましたが・・・・・・
DVDレンタルで見てみたら、なんですか?! このモエ映画は???!<ベタニーファンにとってのみ必見映画だったんですね!!

映画に出るたびに脱ぐ人だとは思っていたので今回のオールヌードにも「毎度ありがとうございます」とかえって驚かない状態でしたが・・・・・・


チャプター5個目、涙のシラス・・・・・泣くぐらいなら止めればいいのに・・・・といいますか泣くほどお仕事怖いのね??
天使と幽霊が一体化した設定と人選と演技、最高でした。

そして
前髪ハラリのヤング・シラス(17歳風)がかなり異常にかわいく思わず目を見張ってしまいました!
HUGH MITCHELL 1989年9月7日生まれ。
出演作
Waking The Dead (2007)
The Da Vinci Code (2006)
Judge John Deed (Episode 3) (2006)
Wondrous Oblivion (2003)
Nicholas Nickleby (2002)
Harry Potter and the Chamber of Secrets (2002)

ヒュー・ミッチェル君もよかったんですが、できればベタニーさんに回想シーンもやって欲しかったですヨ。
1971年生まれの御歳35歳。
君ならできるよ、ポール・・・・・
そう言いたいです。



*****************************
その後、今さら読むのが恥ずかしいくらい遅れて原作読みましたら、かなり面白い作品だったんですね。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/15(木) 22:05:24|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

キタリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。