ラウドトマト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「幸運を視抜く力」

「幸運を視抜く力」
著・ジム・ワトソン  訳・秋月菜央
講談社 1993年

レビューじゃなくて雑談です。
先日「オーラの泉」浜口優さんの回について、海外の某さんにコピーして送ってやりたいわい! と話していたら、アメリカにも有名なカウンセラーいるよ~、と貸してもらった本です。

こんな怪しいサイトやっているくせに意外とこのテの本をほとんど読んだことがない。
1993年の本だけあって、まず「予知ってあるのよ、ホントなのよ」といったとこらから始まります。
ジム・ワトソン氏の自伝をまじえてのクリスタルパワー本。
不幸を予知することしかできなかった著者が、自身の成長と不安からの脱出により幸運も予感できるようになる。

小説のような「いいお話」だと思いました。

スポンサーサイト
  1. 2006/02/11(土) 14:01:42|
  2. 本、コミック、音楽

4コマ「ジャイロのボタンだらけのシャツ」その他

osyarefuku

2006.01.03
「スティール・ボール・ラン」のパロ4コマです。
HPの調子が悪いのでこちらに退避させました~。
「2nd.RUNNER」のほうはぼちぼち直す予定ですが・・・時間がぜんぜん足りません~。おまけに電磁波アレルギー再発でパソコン使える時間がちょー短いです。カラーなんて・・・ムリ・・・手書きは・・・ヘタレ。


syokujimae
2005.12.17」
豪華サンドを食べたい人
  1. 2006/02/10(金) 18:35:46|
  2. スティール・ボール・ラン

ダブリン上等・感想

life

むちゃくちゃ面白いです。

客観的採点(5点採点)
★★★★

私的採点(5点採点)
★★★★★

個人的には10点つけたいくらい笑いました。アイルランドアカデミー賞作品賞監督賞脚本賞助演男優賞受賞、英国インディペンデント賞新人監督賞受賞。
アイルランド・ダブリンで、それぞれの事情から現金強奪もどき実行にいたった若者たちがおもしろおかしく登場します。

以後ネタバレ注意です。



なんだかおかしすぎてどこをピックアップすべきかわからないぼよんぼよん転がりまわる内容です。
ブラウンソースを飲みたくなるっ!!!
通信販売で中華鍋を買いたくなるっ!!!

コリン・ファレルは主人公のジョン役に・・・とオファーが来たところ
「おれ、悪党やりたいでーすっ!」
と挙手して首謀者のレイフに決まったらしいですが、さすがにぴったりですね(^_^;)
しかしコリンがジョンをやって、別れた彼女が残していったモノを握り締めてメソメソするところもすごく見てみたかったです。
このシーン、観客の老若男女が大爆笑してましたね。

  1. 2006/02/07(火) 00:10:20|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スティール・ボール・ラン4コマ「ありがちネタ」

moemanga1

そこがいいんだよ・・・
  1. 2006/02/03(金) 08:37:50|
  2. スティール・ボール・ラン

プロフィール

キタリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。